物語があり、テクノロジーは夢を見る。

テクノロジーの種があって、物語はより面白くなる。

「2029年の攻殻機動隊の世界がそう遠くない」

「攻殻機動隊」が世界中のファンが魅了してきた

大きな要素の一つに作品世界で描かれるテクノロジーの数々があげられます。

「義体」「電脳」「光学迷彩」「多脚思考戦車」などのテクノロジーは、

物語上の設定を超えた「私たちの文明が進みうるひとつの可能性」、「未来へのビジョン」です。

2014年・秋、「攻殻機動隊」が発表されて25年。

「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と題して、日本を代表する企業、

大学の研究開発者、さらには公共機関、そして製作委員会と、産学が一体となって

「攻殻機動隊」の世界をリアルに実現する可能性を追求する

攻殻機動隊の世界観はどこまで実現できるか?

日本の「夢」と「英知」を結集した本プロジェクトが立ち上がりました。

「物語」と「テクノロジー」この二つが奇跡的にマッチングした

サイエンスフィクションが、攻殻機動隊の世界。

この世界を実現するために、「夢」と「英知」を集めること。

これが『攻殻機動隊 REALIZE PROJECT』の使命です。

物語があり、テクノロジーは夢を見る。

テクノロジーの種があって、物語はより面白くなる。

「2029年の攻殻機動隊の世界がそう遠くない」

「攻殻機動隊」が世界中のファンが魅了してきた大きな要素の一つに作品世界で描かれるテクノロジーの数々があげられます。

「義体」「電脳」「光学迷彩」「多脚思考戦車」などのテクノロジーは、物語上の設定を超えた「私たちの文明が進みうるひとつの可能性」、「未来へのビジョン」です。

2014年・秋、「攻殻機動隊」が発表されて25年。

「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と題して、日本を代表する企業、大学の研究開発者、さらには公共機関、そして製作委員会と、産学が一体となって「攻殻機動隊」の世界をリアルに実現する可能性を追求する攻殻機動隊の世界観はどこまで実現できるか?日本の「夢」と「英知」を結集した本プロジェクトが立ち上がりました。

「物語」と「テクノロジー」この二つが奇跡的にマッチングしたサイエンスフィクションが、攻殻機動隊の世界。この世界を実現するために、「夢」と「英知」を集めること。

これが『攻殻機動隊 REALIZE PROJECT』の使命です。