Engadget Japan

漱石アンドロイドがついに完成。二松学舎大学と大阪大学石黒研究室の共同開発、特別教授として授業に活用(動画)

2016-12-08 15:40:00


▲発表会では、制作に深く関わった夏目房之助氏(左)、石黒浩氏(右)との記念撮影も

2016年12月8日、二松学舎大学の九段キャンパスにて、『漱石アンドロイド』の完成発表会が開催されました。これは文字通り、文豪である夏目漱石氏を模したアンドロイドです。

このプロジェクトは、二松学舎大学大学院 文学研究科と、「ジェミノイド」などアンドロイド研究と作成で知られる、大阪大学大学院 基礎工学研究科 石黒研究室の共同研究(と聞いて、写真と比較して納得した方は多いのではないでしょうか)。声は漱石の子孫である夏目房之助氏の声を元にした音声合成によるものです。

【ギャラリー】漱石アンドロイド 完成記念記者会見 (25枚)

プロジェクトの正式名称は、「教育現場にかかわる人間型ロボットの創成と活用に関する研究」というもの。この計画名のとおり、漱石アンドロイドは人間に対して授業や講義を行なうために設計されており、今後は二松学舎大学の「特別教授」として、実際に学生などに対して講義を行なう予定です。
これはもちろん日本初の試みです。

完成発表会では、自己紹介や小説『夢十夜』の朗読など、スピーチも行なっています。

【更新中】