Engadget Japan

車に変形する乗用人型ロボットが2017年に完成予定。J-deite計画大詰めに向け、アスラテックなど3社が量産化視野のLLP設立

2016-11-11 17:00:00

アスラテックと三精テクノロジーズ、BRAVE ROBOTICSの3社は、乗用人型変形ロボット J-deite RIDE(ジェイダイト・ライド)を開発することを目的に、共同で有限責任事業組合(LLP)を設立することを発表しました。

LLPの名称は「ジェイダイト・ライド有限責任事業組合」。2017年中のロボットの完成を目指すとともに、将来的にはアミューズメントパーク向けに量産化することも視野に入れています。J-deite RIDEは、映画「トランスフォーマー」のごとく、ロボットモード(人型)とビークルモード(車型)とに変形ができる全長約4mのロボット。ロボットモードでは2足歩行ができ、ビークルモードでは人が乗って運転できるよう構想されています。

同ロボットは、BRAVE ROBOTICSとアスラテックが参画する変形ロボット製造プロジェクト「Project J-deite」の一環として、2015年6月に開発がスタート。BRAVE ROBOTICSがハードウエアの設計・製作を担当し、アスラテックがロボット制御システム「V-Sido」によるソフトウエア開発を担当しています。

今回、三精テクノロジーズが新たに参画し、3社で開発を加速させることで、2017年中のJ-deite RIDEを目指すとしています。また、イベントや企業のプロモーションにおけるロボット利用で事業化を図るとともに、遊戯機械も手がける三精テクノロジーズを中心に、アミューズメントパーク向けの量産機の開発も進めていく計画です。

なお、11月14日から米オーランドで開催される世界最大級のアトラクション関連トレードショー「IAAPA Attractions Expo 2016」では、全長約1.5メートルのJ-deite RIDEのプロトタイプを出展する予定です。

ちなみに、J-deite RIDEのメカデザインには、「ヤッターマン」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」などのメカデザインで知られるメカニックデザイナーの大河原邦男氏が協力。同氏のアイデアスケッチも公開されています。

現時点での想定仕様は、サイズがロボットモードで3.8(W)×2.5(D)×3.7(H)m 、ビークルモードで1.8(W)×3.9(D)×1.4(H)m。重量が900kg。

ビークルモードの車輪最高速度が60km/h、ロボットモードの歩行最高速度が5km/h、車輪最高速度が30km/h。乗車定員は2名。変形所要時間は10秒以内としています。